はじめに

 コンセプト

 このエッセイは、クラシック音楽について、世の常識や通説にとらわれない自由な視点からアプローチしてみたいということで書き始めたものです。また知名度は低くても聴くに値すると思われる曲を紹介したり、ちょっとユニークな演奏を紹介することも目的としています。

 広く皆様にお読みいただき、ご意見、ご批判をお聴かせいただければ幸いです。

 このホームページは筆者が一個人として作成しているもので、特定の団体、企業等の意向によるものではありません。ひとりで書いているため、多少主観に問題があるかもしれませんが、目標は「音楽界の暮しの手帖」です。

 このシリーズでタイトル、レーベル/番号を挙げて紹介しているCD, LD, LP, DVD, 書籍は、すべて筆者が選択し、自費で購入したものです。レコード会社等の試聴盤提供や資料提供によるものではありません。

 各エッセイの著作権は著者に帰属します。全文掲載、部分掲載・引用はご自由です。ただし文章は改変せず、筆者名「秋山裕彦」あるいは「坂崎紀」を明記して下さい。


 初出、連番と執筆時期

 このエッセイは、1989年4月より2005年11月まで、雑誌『あんさんぶる』268〜468号(カワイ音楽教育研究会)に、『ちょっとからくち 名曲あらかると』第0回〜第200回(筆名:秋山裕彦)として寄稿した記事にもとづきます。

 1995年5月より、この連載に加筆修正したものを「bogomil's CD collection」と題し、個人メールマガジン配信を開始しました。また同年7月より、BBSザビエル・ネットとニフティ・サーブのクラシック音楽フォーラムFCLAにもポストを開始しました(ハンドルネーム:bogomil)。

 その際、それまでに執筆した75編を見直して加筆修正し、また順番も変更して週1回、配信・ポストしたため、bcc: 001〜079は連番が執筆順となっていません。bcc: 080(1996年4月執筆)以降は、連番が執筆順となっています。

 なお、ザビエルネットへのポストは1998年に終了、FCLAへのポストは2001年に終了しました。

 ウェブページには、しばらくの間、bcc: 001〜040を公開していましたが、2005年11月、『あんさんぶる』の連載が終了したのを期に、これまでの全記事をhtml化することにし、2006年3月までにbcc: 041〜193を追加しました(この際、全編を見直し、若干の加筆修正を行っています)。

 以上のような経緯で執筆、加筆修正してきたため、以下の3バージョンが存在し、それぞれタイトルや記述が異なります。

 ウェブ版は今後も適宜見直し、最新情報を反映させたり加筆修正を行うことがあります。


 bogomilとは

 中世ブルガリアのキリスト教の一派の名称です。

 ボゴミール派は、ペータルの統治時代(927−969年)に初めてブルガリアにあらわれた。これは、本質的には封建的重圧に対する社会運動であり、形式的には公式教会のドグマから逸脱した異端であった。

(ディミータル・アンゲロフ著/寺島憲治訳『異端の宗派ボゴミール』より)

坂崎 紀
筆者紹介

last updated: 08.03.23


bcc: preface
mail: sakazaki (アットマーク)ari.bekkoame.ne.jp

(C) 2005-2008 Osamu Sakazaki. All rights reserved.